ジスロマックの画像

ジスロマックは様々な細菌に効果があります。ただし、自己判断で治療を中断したりせずにしっかり最後まで決められた量を服用しましょう。ジスロマックは途中で服用をやめてしまうと完治できずに細菌がまた増殖してしまう可能性がありますのでご注意ください。

寒気が続くような風邪は注意、ジスロマックが有効?

風邪は休養を取って、安静にしていれば治る病気です。人間には免疫力が備わっていて、体の中に入ってきた風邪のウィルスを退治することができます。しかし、何らかの理由で風邪が悪化してしまう場合があります。例えば、仕事が忙しくて休めない場合は、風邪は悪化しやすくなります。寒気が続くような風邪は特に注意が必要です。熱が39℃程度あったり、咳が止まらない場合も気を付けるようにしましょう。こんな時は、風邪が悪化して気管支炎や肺炎になっていることがあります。
気管支炎や肺炎はウィルスが気管の奥や肺に侵入して、起こります。このような病気になった時は、必ず病院に行って治療しなければなりません。特に肺炎の場合は十分な治療が必要で、入院しなければならないことがあります。ウィルスの感染によって呼吸機能が落ちているので、入院して集中的な治療を受けないと、命に関わることがあります。
ジスロマックは、肺炎を起こすようなウィルスに有効な薬です。ジスロマックには、たんぱく質が組成されるのを妨害する働きがあります。それによって、ウィルスが増殖するのを防ぎます。またこの抗生剤には病気による炎症を改善する働きもあります。この働きは他の抗生物質が持っていないものです。
気管支炎や肺炎になった時は、いくつかの抗生物質が使われる場合があります。一つの抗生物質が効かないことがあるので、そんな時は別の抗生物質が使われます。現在はいろいろな抗生物質が開発されており、その中の一つは必ず気管支炎や肺炎に効くことが多いです。それでも、かねてから抗生物質を使い過ぎていると、病気になってそれを服用した時に、十分な効果を得られないことがあるので、注意が必要になります。