ジスロマックの画像

ジスロマックは様々な細菌に効果があります。ただし、自己判断で治療を中断したりせずにしっかり最後まで決められた量を服用しましょう。ジスロマックは途中で服用をやめてしまうと完治できずに細菌がまた増殖してしまう可能性がありますのでご注意ください。

ジスロマックと乳房周辺のイボ、コンジローマについて

コンジローマは性器や肛門付近に女性の乳房にある乳頭の様なイボができる症状で、ウイルスを原因として発症する性病の一種です。性行為からの感染が圧倒的に多いですが、皮膚や粘膜の傷口などからウイルスが入って、コンジローマを発症することもあります。
性器に痛みやかゆみが生じる場合もありますが、オーラルセックスをした場合には口腔内にイボが出来るケースもあり注意が必要となります。また治療には表面のイボを取り除くことによって除去することが可能ですが、除去しても体内のウイルスを除去しない限り、再発する可能性を持っています。
なおウイルスに感染した場合の治療については、薬剤治療や外科手術による治療が可能となるケースが多く、その治療には長期間にわたる場合もあります。コンジローマの薬剤治療として淋病、クラミジアといった性病にも定評があるジスロマックが効果があるかどうかについては、効果自体はないことに注意を要します。その理由としてはジスロマックは、クラミジアや淋病などの真菌が原因となる病気に有効なためで、ウイルス型の性病には効果がほとんどないからです。
ただジスロマックはインフルエンザウイルスに効果的で、その他にも病院の呼吸器科や耳鼻科、泌尿器科などの幅広い科目で細菌を原因とする症状などの治療で処方される薬となります。なおジスロマックの優れた点は、コンジローマには効果がないですが、服用しても乳房から出る母乳に抗生物質が排出されない性質があるため、子供に授乳している方でも安心して服用することが可能な点です。
従って、子供の母乳に抗生物質が行きわたらないので、その副作用の発生がほとんどない点が優れています。他にジスロマックの優れた点は、1回の服用で効果が14日間ほど持続してくれる点で、自己判断で飲み進めることができる薬剤となります。